2006年10月30日

旧サッスーン邸で結婚式【兵庫の結婚式場】

sassun.jpg旧サッスーン邸で結婚式

旧サッスーン邸は神戸の北野地区の異人館の一つで、イスラエル人貿易商サッスーン氏の邸宅として明治25年に建築されたものです。旧サッスーン邸は異人館の中でも最も古い建物です。この旧サッスーン邸を結婚式場として使うことができます。

現在、この旧サッスーン邸は一般公開されておらず、結婚式場として運営されています。白と緑の外観がとても爽やかですし、約100坪あるガーデンを利用した、明るく開放的な結婚式が出来そうですね。


【問い合わせ先】
旧サッスーン邸 旧サッスーン邸ホームページ
〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町2丁目16-1
TEL 078-251-4111



*他にもちょっと変わった結婚式場を紹介しています。左側のメニューのカテゴリから見てみてください。

2006年10月29日

石の教会 内村鑑三記念堂で結婚式【長野の結婚式場】

ishinokyoukai.jpg石の教会 内村鑑三記念堂で結婚式

石の教会 内村鑑三記念堂はフランク・ロイド・ライトの弟子、ケンドリック・ケロッグが設計した教会です。この、石の教会 内村鑑三記念堂結婚式場として使うことができます。

この教会は石とガラスをメインに用いてつくられており、内部から天井を見上げると非常に幻想的なムードが漂っています。礼拝堂内には水が流れるように造られており、この水が静かにせせらぐ音がまた幻想的。石とガラス天井というのは「今迄別々の人生を歩いてきた男性(石)と女性(ガラス)が婚姻の日(祭壇の真上にあたる)からは一緒に歩いていく」というコンセプトで造られているそうです。結婚式場としては最高の雰囲気なのではないでしょうか。

ホテルブレストンコートというところが、実際の結婚式を仕切っているので、サービスも安心です。

【問い合わせ先】
石の教会 内村鑑三記念堂 石の教会 内村鑑三記念堂ホームページ
〒389-0195 長野県軽井沢町星野
TEL 0267-45-2288

この石の教会 内村鑑三記念堂での結婚式についてのクチコミ情報を見ても、雰囲気について大絶賛みたいです。やや交通の面で難はあるかもしれませんが、結婚式場の選択肢としてありなのでは。


*フランク・ロイド・ライトの設計した自由学園明日館での結婚式についても紹介しています。また、他にもちょっと変わった結婚式場を紹介しています。左側のメニューのカテゴリから見てみてください。

2006年10月27日

原美術館で結婚式【東京の結婚式場】

hara.bmp原美術館で結婚式

原美術館は東京は品川にある現代美術の展示や音楽などを発信するする美術館です。渡辺仁が1938年に住宅として設計した洋館を改装して今の形となっており、バウハウス様式を取り入れた建築としても楽しめます。この原美術館に併設されているカフェ「カフェダール」を結婚式場として使うことができます。

ただし、原美術館結婚式場として使うには、個人賛助会員にならないといけません。また、美術館の開館時には結婚式を行うことは無理なので、閉館後の18:00以降の式となります。個人賛助会員についてはいろいろとカテゴリーがあるようなので、原美術館に問い合わせてみてください。(確か、結婚式を行うにはドナー会員以上になっていないとだめだったと思います。)


【問い合わせ先】
原美術館 原美術館ホームページ
〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-25

原美術館連絡先
TEL 03-3445-0651

カフェダール連絡先
TEL 03-5423-1609



*他にもちょっと変わった結婚式場を紹介しています。左側のメニューのカテゴリから見てみてください。


posted by 案内人 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 原美術館で結婚式 (東京) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

列席時の服装(男性・一般列席者)

男性の一般列席者の服装は、ディレクタースーツ(昼間のみ)か、ブラックスーツ、無地のダークスーツとなります。ダブル、シングル、3ピースはどれでも構いません。モーニングやタキシードは近親者だけのものなのでいけません。

ネクタイ・靴下は正式なものは白なのですが、最近はダークスーツに抑え目の柄・色のものをしていく人も多いようです。

なお、招待状に「当日は平服でおこしください」と記載してある場合もありますが、これは「礼服でなくても結構です」という意味なので、ブラックスーツ、無地のダークスーツを着ていくべきです。
posted by 案内人 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式 マナー・マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

那須ステンドグラス美術館で結婚式【栃木の結婚式場】

nasu.jpg那須ステンドグラス美術館で結婚式

那須ステンドグラス美術館はティファニーやウィリアム・モリスが作成したステンドグラスなど、100年以上前に作成されたアンティークステンドグラスを中心に展示された美術館です。また、パイプオルガンの展示もあります。この那須ステンドグラス美術館を結婚式場として使うことができます。

併設するセント・ラファエル礼拝堂が結婚式場として利用できます。このセント・ラファエル礼拝堂の中央に美術館最大のステンドグラス(幅4.5m×高さ6m)があり、左右には、ティファニー作のステンドグラス、正面にはバラ窓というステンドグラスが使われています。

もともとSUZUYAというウェディングサービスの会社が運営しているので、結婚式の運営はしっかりしています。本物の一流アンティークもののステンドグラスに囲まれての結婚式は、思い出に残るものになるでしょうね。


【問い合わせ先】
那須ステンドグラス美術館 那須ステンドグラス美術館ホームページ
〒325-0302 栃木県那須郡那須町高久丙1790
TEL 0287-76-7111



*他にもちょっと変わった結婚式場を紹介しています。左側のメニューのカテゴリから見てみてください。



2006年10月21日

結婚式@自由学園明日館のクチコミ情報1

私が自由学園明日館結婚式を挙げたのですが、下見の際の写真をアップします。

V6010077.JPG自由学園明日館の外観です。池袋の駅から程近いところに、こんな閑静なところがあるなんてびっくりです。ここで結婚式が挙げられるのかと思うと、ワクワクしたのを覚えています。





V6010080.JPG結婚式会場として使われるホールです。大きな窓からの採光がキレイです。やや狭いので着席だと人数が限られますが、一部のかたには立ってもらえば結構な人数が入れます。披露宴の第一部が終わった後、披露宴第二部として動きのある出し物をしてもらったり、デザートビュッフェの会場としても使用しました。




hirouenkaijou.jpgここが披露宴会場として使われるところです。昔は自由学園明日館の教室として使われていたところです。イスも照明もフランク・ロイド・ライトの設計。こんな素晴らしい教室で学べた子供たちは、感受性も高まるでしょうね。うらやましいです。




V6010083.JPG披露宴会場の前の部分に新郎・新婦が座る席が用意されます。披露宴の出席者との距離が近くて、非常にアットホームな雰囲気になりますよ。せっかく来ていただいた方と距離が遠いのは寂しいものなので、これは良かったです。

2006年10月19日

子供同伴の結婚式参列

基本的に結婚式への参列は、「お子様もご一緒に」と誘われない限り子供は連れていきません。ただ、子供の預かり手が見つからないなど、どうしても仕方ない場合は、事前に確認をとってから同伴参列させていただきましょう。

結婚式のあいだに子供が飽きてきたら、すぐに結婚式所の外に連れ出すなど、回りに迷惑をかけないよう、細心の注意を払うべきです。

お祝い金については、基本的に子供の分を払う必要はありませんが、子供の分の料理が出る場合は、気持ちとしてその分の上乗せくらいはしておいたほうがいいかもしれませんね。
posted by 案内人 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式 マナー・マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

招待状の返送の仕方

結婚式の招待状を受け取ったら、できる限り早めに返送しましょう。結婚式の招待状には返送期限が書いてある場合が多いですが、期限ギリギリより、少なくとも1週間くらい前までに返送したほうが、受け取る側も気持ちがいいものです。

また、返信の時は
・あて先の「○○○行」の「行」を2本の線で消し、「○○○様」に書き換える。
・「御住所」の「御」と「御芳名」の「御芳」をそれぞれ2本の線で消す。
・「御出席」「御欠席」の一方を消し、さらに選んだほうの「御」を2本の線で消す。出席、欠席のあとに「させていただきます」の一文を付け加える。

といった形になります。最後に結婚へのお祝いの言葉を一言付け加えておくとさらに良いでしょう。
posted by 案内人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 結婚式 マナー・マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

ご祝儀袋の水引の選び方

結婚式のご祝儀袋の水引は、結びきりのものを使います。結びきりには「一度限り」「両側から引けば引くほど固く結ばれる」という意味があるので、結婚式などに使われます。

いっぽう、蝶結びは「何度でもほどいて結びなおせる」ということを連想するので、結婚式の場合は使いません。蝶結びは何度でもあって嬉しいお祝い事に使うものなのです。
posted by 案内人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式 マナー・マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

旧松本邸で結婚式【福岡の結婚式場】

matsumototei2.jpg旧松本邸で結婚式

旧松本邸は辰野金吾の主宰する辰野・片岡事務所が設計したハーフティンバースタイルとアールヌーヴォー様式が特徴の建築物です。(辰野金吾はジョサイア・コンドルのもとで学んだ日本の建築家の第一人者です。東京駅や日本銀行の設計で知られています。)この旧松本邸結婚式場として使うことができます。

旧松本邸は松本家が住宅として使っていたものを、北九州経済人の集まりである西日本工業倶楽部が譲り受け、現在に至っています。旧松本邸の内部にはステンドグラスがうまく使われ、優雅な雰囲気にあふれています。昭和天皇が泊まった部屋もあるそうです。また、国の重要文化財に指定されています。

結婚式場としてもきちんと運営されているので、サービスもしっかりしています。こんなところで結婚式を行えたら、本人にとっても結婚式のゲストにとっても最高の思い出になるのではないでしょうか。


【問い合わせ先】
旧松本邸(西日本工業倶楽部) 社団法人西日本工業倶楽部 ホームページ
〒804-0021 福岡県北九州市戸畑区一枝1丁目4-33
TEL 093-871-1031

アールヌーヴォーというのは、ガレのガラス細工などが有名ですよね。あの繊細で有機的な芸術的雰囲気のある建物には、日本の建物とは別の優雅さがあります。こんなところで結婚式ができたらいいですね。

*他にもちょっと変わった結婚式場を紹介しています。左側のメニューのカテゴリから見てみてください。


posted by 案内人 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧松本邸で結婚式 (福岡) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
結婚式ブログTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。