2006年10月25日

列席時の服装(男性・一般列席者)

男性の一般列席者の服装は、ディレクタースーツ(昼間のみ)か、ブラックスーツ、無地のダークスーツとなります。ダブル、シングル、3ピースはどれでも構いません。モーニングやタキシードは近親者だけのものなのでいけません。

ネクタイ・靴下は正式なものは白なのですが、最近はダークスーツに抑え目の柄・色のものをしていく人も多いようです。

なお、招待状に「当日は平服でおこしください」と記載してある場合もありますが、これは「礼服でなくても結構です」という意味なので、ブラックスーツ、無地のダークスーツを着ていくべきです。
posted by 案内人 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式 マナー・マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
結婚式ブログTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。