2014年12月07日

国際文化会館で結婚式【東京の結婚式場】

kokusaibunnka.jpg国際文化会館結婚式

国際文化会館(インターナショナル・ハウス・オブ・ジャパン)は前川國男、吉村順三、坂倉準三、三氏の共同設計により1955年に竣工した建物です。この設計陣、まさに日本を代表する、そうそうたるメンバーですよね。1956年には日本建築学会作品賞も受賞しています。また、2006年には登録有形文化財にも登録されています。この国際文化会館結婚式場として使うことができます。

庭園も由緒あるもので、もともとは江戸時代から幕末にかけて多度津藩(現香川県丸亀市)藩主京極壹岐守の江戸屋敷であったもので、その後、作庭の名人七代目小川治兵衛(植治)に作庭を依頼し完成した池泉回遊式庭園だそうです。2005年には港区の名勝にも指定されています。

この素晴らしい建築と庭園での結婚式は、とても素晴らしいものになるのではないでしょうか。


【問い合わせ先】
国際文化会館 国際文化会館ホームページ
〒106-0032 東京都港区六本木5-11-16
TEL 03-3470-4617 

設計担当の三氏の略歴を書いておきます。

・前川國男
1905年生まれ。ル・コルビュジエ、アントニン・レーモンドの元で学ぶ。日本相互銀行本店・神奈川県立図書館・音楽堂・国際文化会館・京都会館・東京文化会館・蛇の目ビルなど様々な建築で日本建築学会賞作品賞を受賞。

・吉村順三
1908年生まれ。アントニン・レーモンドの元で学ぶ。おもな建築に、佐倉厚生園サナトリウム・浜田山の家・御蔵山の家・愛知県立芸術大学・青山タワービル・奈良国立博物館 新館・ポカンティコヒルの家など。日本建築学会賞・ニューヨーク建築家協会デザイン優秀賞・日本芸術院賞・毎日芸術賞・文化功労者・勲二等瑞宝章 など数多く受賞。

・坂倉準三
1904年生まれ。ル・コルビュジエの元で学ぶ。おもな建築に、パリ万博日本館・神奈川県立近代美術館・岡本太郎邸・渋谷駅・東急文化会館・シルクセンター・神奈川県庁新庁舎・新宿駅・小田急百貨店など。


建築好きの人にはうらやましいかぎりの結婚式場ですね。


*他にもちょっと変わった結婚式場を紹介しています。左側のメニューのカテゴリから見てみてください。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26818101

この記事へのトラックバック
結婚式ブログTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。