2014年12月07日

グラバー園(旧グラバー邸・旧オルト邸)で結婚式【長崎の結婚式】

oruto2.jpgguraba2.jpgグラバー園(旧グラバー邸・旧オルト邸)で結婚式

グラバー園は長崎県にある、旧グラバー邸旧オルト邸などの西洋館を公開している公園です。このグラバー園で結婚式を挙げることが出来ます。

旧グラバー邸は1863年(文久3年)に建築された、幕末日本の近代化に尽力した英商トーマス・グラバー氏の旧邸です。四葉のクローバーの形をしており、現存する木造建築では我が国最古のものとされています。

旧オルト邸は1865年(慶応元年)に、大浦天主堂も手掛けた小山秀之進の手により建築されたものです。長崎に現存する洋風建築の中では最大規模。ベランダを支えるタスカン様式の列石柱とポーチ横に咲き誇る日本最古で最大の木香バラが印象的です。

結婚式の時に控え室として使える建物が近くにあるという関係上、オルト邸の前で結婚式を行うことが多いようです。なお、グラバー園(旧グラバー邸・旧オルト邸)には披露宴会場はありません。披露宴を行う際は、別の会場を用意する必要がありますので注意してください。また、グラバー園では宗教的な儀式えをしてはいけないという決まりがあるようなので、挙式形式は人前式のみとなります。


【問い合わせ先】
グラバー園管理事務所 グラバー園ホームページ
〒850-0931 長崎県長崎市南山手町8−1
TEL 095-822-8223

旧グラバー邸・旧オルト邸とも国の重要文化財に指定されています。重要文化財で結婚式を行うということは、結婚式場がいつまでも綺麗な形で保存されることになりますので、すばらしいことですよね。異国情緒たっぷりの結婚式は思い出に残ること間違いなしです。


*他にもちょっと変わった結婚式場を紹介しています。左側のメニューのカテゴリから見てみてください。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27360016

この記事へのトラックバック
結婚式ブログTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。