2014年12月07日

旧古河邸で結婚式【東京の結婚式場】

hurukawatei3.jpg旧古河邸で結婚式

旧古河邸ジョサイア・コンドル設計の建築物です。ジョサイア・コンドルは工部大学校(現在の東京大学工学部の前身)の教師として来日した建築家であり、鹿鳴館旧岩崎邸の設計でも有名です。当時の日本の建築界の牽引役といっていいでしょう。この旧古河邸結婚式場として使用することができます。

旧古河邸はバラ園が有名で、バラが咲く時期になると多くの人が訪れます。建築はレンガ造りの重厚な洋風建築で圧倒的な存在感があります。内部は和洋折衷の雰囲気のある造りになっています。

基本的に結婚式場としての建物ではなく、重要文化財に指定されているので、いろいろと制約があります。
・火気厳禁
・火気厳禁のため、結婚式の料理もケータリングサービスのみ
結婚式の時に呼べる人数は最高でも50人程度
・土足厳禁
・冷暖房設備がないので、結婚式場として使えるのは春・秋の土・日のみ
結婚式は1日1組限定
・音響設備なし

しかし、これらの制約があったとしても旧古河邸はぜひ結婚式場として使いたい、なんともいえない歴史の重みを感じさせる雰囲気があります。

【問い合わせ先】
財団法人 大谷美術館 TEL 03-3910-8440
結婚式についての問い合わせ先は上記「大谷美術館」となります。

旧古河庭園ホームページ
〒114-0024 東京都北区西ヶ原1-27-39

旧古河邸の公式ホームページがないので、東京都公園協会の旧古河庭園の紹介ページをリンクしておきます。

*庭園についての問い合わせは旧古河庭園サービスセンター(TEL 03-3910-0394)まで


私は人数の面で旧古河邸結婚式を挙げるのを断念しました。しかし、ほんとうに旧古河邸の雰囲気は好きです。また見学に行こっと。


*他にもちょっと変わった結婚式場を紹介しています。左側のメニューのカテゴリから見てみてください。


posted by 案内人 at 10:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 旧古河邸で結婚式 (東京) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
結婚式ブログTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。